日本社会と婚活者たち

日本人の配偶者選択の在り方を、社会問題として考えている社会学者たちは少なくないようです。その時代の人々が、どのような配偶者を求め、婚活しているのかという情勢は、例えば、国際結婚数が増加する事で、日本のグローバル化も垣間見えてくるはずです。また、年齢格差婚については、「年上婚」「年下婚」などといった、年齢差を結婚条件の不利と考えない人々の増加を表わしています。男女の垣根と飛び越えるような「ジェンダー婚」に関しては、日本の受け入れ態勢も除々に緩和されつつあり、今まで、社会の影を常に歩いていたような人たちが、陽のあたる場所を当たり前のように闊歩できる時代的な流れが読み取れます。日本においては、少子高齢化問題が、この先の日本の未来に大きな影響を与える事から、様々な対策が練られていますが、既に超高齢者社会に突入している日本社会の中では、元気な若者よりも、元気なお年寄りが、「晩年婚」や「熟年婚」などに、花を咲かせているといった現象も起きています。芸能人の婚活報道は、世間を大きく騒がせたりもありますが、短い交際期間から結婚に結ぶつく「スピード婚」や、パートナーとして内縁関係ではあっても、籍を入れる事はない「事実婚」など、人々の「結婚」に関する想いは様々であるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です