日本社会と婚活者たち

日本人の配偶者選択の在り方を、社会問題として考えている社会学者たちは少なくないようです。その時代の人々が、どのような配偶者を求め、婚活しているのかという情勢は、例えば、国際結婚数が増加する事で、日本のグローバル化も垣間見えてくるはずです。また、年齢格差婚については、「年上婚」「年下婚」などといった、年齢差を結婚条件の不利と考えない人々の増加を表わしています。男女の垣根と飛び越えるような「ジェンダー婚」に関しては、日本の受け入れ態勢も除々に緩和されつつあり、今まで、社会の影を常に歩いていたような人たちが、陽のあたる場所を当たり前のように闊歩できる時代的な流れが読み取れます。日本においては、少子高齢化問題が、この先の日本の未来に大きな影響を与える事から、様々な対策が練られていますが、既に超高齢者社会に突入している日本社会の中では、元気な若者よりも、元気なお年寄りが、「晩年婚」や「熟年婚」などに、花を咲かせているといった現象も起きています。芸能人の婚活報道は、世間を大きく騒がせたりもありますが、短い交際期間から結婚に結ぶつく「スピード婚」や、パートナーとして内縁関係ではあっても、籍を入れる事はない「事実婚」など、人々の「結婚」に関する想いは様々であるようです。

自立女子の結婚観

婚活女子の現状をみていきますと、自立型の女性にとって、「結婚」はそれほど魅惑的な環境ではないのかもしれません。仕事にも安定を得、マンションのローンも上手にやり繰りしながら返済ができているような、自立型女子にとっては、婚活に焦らなくとも、満足のいく人生が日々おくれる幸せに満たされるといった充実感が、「結婚」への足枷となっていると専門家は語ります。稼げる女性たちにとって、「結婚」は、もしかしたら、人生の充実度格下げしてしまう、足枷となってしまうかもしれないと言うのです。生涯恋愛が出来ていれば、「結婚」は、必要な時にすれば良いという現代の自立女性の感覚は、以前は男性側に多い傾向がみられたのですが、現代では、女性の社会進出により、稼げる女性が増えてきた事から、女性のライフスタイルも大きな影響を受け変化しているようです。都内にマンションを購入し、仕事に専念する女性は、少なくないと語る専門家によると、婚活サイト利用者の動きの中で、男性側が、持ち家をもった女性を希望するケースもあるようなのです。女性側の労働力が、未来の自分への利益のあるけっこんに結びつくと考えている輩もいるようですと語って下さいました。男性の女性に対する下心は、多岐にわたるものなのですね。自立した女性たちにとっては、「結婚」に幻想がないので、婚活に焦りが無い分、良い会相手に巡り逢えたとしても「結婚」に結びついていかないケースが多いようです。

婚活と働き方の実際

婚活を目的に、合コンに参加し、サークル活動に精を出す。そんな若者たちは少なくないはずです。お見合いパーティーに参加、結婚相談所に登録、友人、知人に良い人の紹介を願い出るなど、婚活を行っている人は、恋愛を求めて活動している人でもあるのですが、恋愛と結婚を分けて考えている人も少なくないはずです。そのボーダーラインとなるものをみつけ出そうとしてみますが、若者の恋愛事情を知る術を探す事自体が、何かと困難でもありますので、実際に、結婚まで辿り着いた夫婦への調査をみていきましょう。ある調査機関によるデータをみていきますと、結婚に至ったカップルの中での調査で、共通点をみつけた項目の1つに正社員であるという事柄がみつかったのだそうです。非正社員である人よりも、正社員である人々の方が、結婚に至る確立が高いのではないかというような結果に至ったのだそうです。正社員と非正社員の差異を、比較していくと、経済的な安定や貯蓄等の面で、隔たりがどうしても出て来てしまうかもしれません。実際に、アルバイトやパートなどの非正社員としての雇用体系で働く人々の数は、多くなっているようですが、このような社会的変化が、結婚に実際に結びついているのかは、まだ計りしれない部分もあります。

人と人のつながり

婚活の仲人というのは、それはそれは多種多様な人と出会いがあると言えるでしょう。そしてまた、そういった環境から、婚活中のあらゆる人の本音というものが自然と見えてくる立場であるともいえるでしょう。積極的に婚活をしているのに結婚が遠いという人は、もちろん見た目や条件といった要因と思われがちですが、「仲人の視点」から言わせると、その他にも様々な問題が見えてくると言われています。仲人という立場に居続けると、何気ない会話からでも結婚できそうかそうでないかというのが分かるようになるようです。

仲人は、人と人をつなぐ仕事と言えるため、カウンセリングのような仕事も行うことが多いようです。婚活の相談に来た人が抱えている悩みや、人生経験、未来設計などを聞き、現在の問題点を共に見つめていくという仕事ともいえるでしょう。表面的なつきあいでは、とても人の人生設計などできないことは明らかでしょう。人を見つめる仕事だからこそ、少し接しただけで、その人が「なぜ結婚に縁遠いか」といった推測ができるようです。仲人に本音を話せないうちは、結婚相手と呼べる人にたどり着くことなどはるか遠いことと言えるのではないでしょうか。

プチバブル女

婚活を頑張っているのになかなか結婚までたどり着けない女性の中には 「プチ・バブル女」 と呼ばれる人たちがいるようです。酷いネーミングではありますが、これは一口に言うと「モテ期が忘れられない」という現象に陥っている女性と言えるでしょう。「モテ期」というのは、一般的に「異性からチヤホヤされる時期」と言え、一生のうちに誰でも一度は訪れると言われているものではないでしょうか。結婚が遠い女性は、この過去のモテ期の思い出が忘れられず、現実に降りて来ることのできないという人が多くを占めているとも言われているようです。過去の自分を引きずっているという点では、「元・お嬢さん」と呼ばれるものとも似ていますが、「プチ・パプル女」の残念なところは「攻撃的」であることでしょう。残念ですがその女性の多くは「私はまだイケてる」という思い込みがあり、高飛車な雰囲気が隠せないという特徴があるからでしょう。
こういう女性は、結婚相手に対する条件が高いうえに細かく、典型的な「結婚できない女パターン」のひとつであると言えるでしょう。

婚活には熱意が必要

マスコミの会社に勤務する男性が、結婚相談所にこんな相談をしたそうです。

「自分は華やかな世界にいますが、結婚するなら業界ズレしていない女性がいいと思っています。ですが、出会いがなく、現実として非常に忙しい。どうにか短期間で結婚できるような方法を考えてもらえませんか?」と彼は言いました。

深々と頭を下げてお願いする彼の姿に、結婚相談所のスタッフは、知恵を絞ってくれました。

具体的には、忙しい彼の数少ない休日に合わせて 1日3回、午前と午後、それから夜にお見合いのセッティングを決行。もちろん彼もそれに合わせて動きました。

結果的に彼は3ヶ月で理想の女性と出会い、そのうちの1人と結婚を決めました。とにかくいろいろな人と出会ってから結婚を決めたいと言っていた彼の熱意と努力が結果に結びついたといってよいでしょう。

忙しさを理由にせずに、真剣に人と向き合って結婚をしようとするひたむきさは、結婚したいと願う人には見習うべきものがあるかもですね。

女子会を婚活に活かす

女子会をうまく活用して婚活した女性がいました。

彼女は、 いつも女子会に出るたびに、 そこで繰り広げられる不毛な会話を退屈に感じていたそう です。 そこで、 いつものように 「あーあ、 どこかにいいオトコいないかな」 という誰かの発言を受けて、「じゃあ、その『いいオトコ』って、どんな人だと思う?」と返して、 万人ウケする「いいオトコ」のリサーチを開始したのです。

「イケメン、太っ腹、後輩に慕われている、出世の見込みがある、歯並びがキレイ・・・・」という具合に次々に出てくる「いいオトコ」の条件を、その場でノートに書きとめていきました。

その次にしたのは、そのなかで自分も同意できるものだけにチェックをし、さらにチェックを入れた項目の中から妥協できるものとそうでないものをより分けて、オリジナルの 「いいオトコ」リストを作成したのでした。

そしてそんな「いいオトコ」に見合った女性になるよう、自分自身も努力をしたそうです。

 

ある日、そのリストを持って彼女は結婚相談所のに相談に行きました。

「この条件に見合う男性を探してください」と。

あまりに完壁な「いいオトコ」リストに相談所のスタッフは驚いたそうですが、素敵な男性と結婚したいと願うストレートな気持ちと、そのために自分なりに精一杯努力をしている姿勢に、真摯に応えてくれたそうです。

もちろんあくまでこれは彼女のケースであって、全員が全員おなじようにうまくいくとは限りませんが、こんな利用法もあるのだなと思いました。